スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルマ機器(危機)

今週末から一週間、東京モーターショーが開催される。
ただ世界市場からもはや日本は置いてけぼりをくらい
おそらく力を入れてくる海外メーカーはあまり無いだろう。

そんな中、日本のメーカーはといえば、
motorshow2011.jpg
なにやら、自動で駐車してくれるやら、スマホで自分のところまで誘導できるやら(キットか!)

メーカーはいったいどういう方向に行こうとしているのやら。
これでは運転の出来ない人間が増え、ブレーキとアクセルを踏み間違えるどころではすまなくなるだろう。

今回のモーターショーのテーマは「世界はクルマで変えられる。Mobility can change the world.」
らしいが、何を今さらである。クルマが社会を構築していることは既存の事実であり、
それを今になって環境をよくするんだ!と言ったところで根本の解決にはならない。

若者のクルマ離れが進む中、電化製品のような乗り物が現れ、
おそらくこのままいけばクルマは世界からなくなるだろう。

メーカーはそれの第一段階に入ったといえる。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。